Welcome!

アメリカビジネスニュースななめ読み

リストに戻る

1年以上

私はいつも爆発するような”スキャンダル”を期待する、しかし、うむ、私は比喩で言っています。文字通りではなく。うわーっ。これはエピソードが現実の旋風だったのです。そして今私はちょうどその時にあり……私は平穏でいることができないのです……

ポープとその仲間たちが或る家族の問題を調べているところにメアリーという名の一人の女性は現われたのでした。それは少し奇妙だったのですが、彼女はそこに長居するつもりも話すこともしたくなかったのです。彼女は語らずにいましたが、彼女もまた胸にぐるぐる巻きに手製の爆弾を身に付け、そして彼女は下院議員が何にも答えなければ下院議員を吹き飛ばすという魂胆だったのです。

明らかなことは、メアリーの息子がテロリストの汚名を着せられ、FBIに襲撃されて殺されたのです。彼女はファイルには息子について何が書かれているのか知りたかったのです、しかし、それは愛国の行為として分類されていたのです。メアリーは唯一の手段としてもう極端な手段に出るしかないと決めたのでした。

オリビアはファイルがまだ未分類だと思わせることに腐心していたのですが、それは全て無駄だったのです。詰まるところ、フィッツはオリビアを呼び出し、彼女にいくつかの重大な知らせを聞かせたのでした。メアリーの息子は実際、様々なアル・カイーダの支部に潜入させるためにCIA諜報員としてメアリーの息子のほかに57名募集した内密のCIA諜報員の一人だったのでした。

FBIは、息子が内密の諜報員でFBIは誤って彼を殺してしまったことに気付いていなかったのでした。それが何故ファィルが決して未分類ではあり得ない理由でもあったのでした。オリビアは一つの選択を与えられました:真実をそしてほかの57名の内密の諜報員が任務中に殺されると同時にメアリーを安心させるか、またはウソをつくかの選択です。

オリビアはウソをついたのでした。オリビアはメアリーにファイルには息子はテロリストと分類されていると話しました。そして、メアリーはその汚名を持って最早生きられなかったのでした。彼女はオリビアと下院議員を行かせて、しかし、メアリーは爆弾を爆発させて自爆したのでした。

メアリーとオリビアは非常に困難な立場に置かれていたのでした。メアリーは息子がテロリストでないと言うことを魂の奥底で知っていました。メアリーはできることは全てしました。

しかし、誰も聞く耳を持たなかったのでした。誰もメアリーを助けてはくれなかったのでした。胸に爆弾をぐるぐる巻きにし、人々を殺すと脅すことで事を成し遂げようとすることが最高の選択とは私は言えません、しかし、何故メアリーがほかの手段を持っていないとメアリーが感じたかということを私は理解できます。

誰かがあなたが欲する全ての答えを知っていることをあなたが知るとき、それは困惑以外の何ものでもありません、しかし、全ての答えはあなたに安寧をもたらすことができるようには真実は語られず、語らないだろうということのどちらかなのです。

オリビアはほかの57名の内密の諜報員の命に対して一人の男の命の重さを量らなければならなかったのです。それは羨ましい立場では全くなかったのです。オリビアにおける全てがメアリーに息子の真実を話させたかったのですが、オリビアが仮にメアリーに真実を話し、ほかの57名が彼らの命でそのつけを払うことに最後はなるならば、オリビアはメアリーとともに生きられるだろうとは私は考えません。オリビアはメアリーに対して十分に罪があると考えるでしょう

おう、デイヴィッド・ローゼンよ。吾は汝をどのように愛せるのか。デイヴィッドはオリビアが何はともあれ彼を認めていたのでオリビアが彼の友を今も尚考えていると思っています。彼は尚も彼女を心配し、そして彼は彼女のために尚も危険を冒そうとしています。おう、吾々は全てデイヴィッドのような友を持っていました。しかし、デイヴィッドはオリビアのために危険を冒しはしなかったのでした、

彼はそうすることが正しいと言う理由でそのように行動しました。デイヴィドが番組で唯一真実の潔白な立場にいると私は以前に言った、そして彼はこのエピソードで再びそうであることを証明しました。デイヴィッドはすることが正しい故に唯一自然と正しく行動する人なのです。彼は”憲法”を肝に銘じるように見える唯一の人です。

彼は流れに心変わりをしない道徳的で忠義的な唯一の人です。彼は完璧でないので完璧とは言いません。彼は詰まるところ、唯の人間なのです。しかし、彼は間違いをするにもかかわらず、正しいことをしようと試み、そしてそんな彼を私は愛しています。誰かがサイラスの鼻を一度や二度へし折るとき、デイヴィッドは確かにそれをするその事を私は愛します。

サイラスはあらゆる人においても打ち負かしているという方法でデイヴィッドを打ち負かしているという間違った印象の下にあったのです、しかし、サイラスはデイヴィッドをあまりに過小評価しているように見えました。私はデイヴィッドを愛していると言った筈です。オリビアにとって安定をもたらすように作用するデイヴィッドのような周りにいる人物が存在することは重要だと私はまた考えます。

オリビアは人々を助けるのと同じだけ人々を破壊します。それは全て正しく何が彼女、そして/または彼女の依頼人を助けるかによるのです。つまり、オリビアに対する起訴は必ずしも必要ありません。彼女はそれが正しいことなので正しいことをしません。まさに彼女(若しくは彼女の依頼人)の中で最も関心があることがそれならば、彼女は正しいことをします。つまり、それは真実の潔白な立場ではないのです。

フィッツとメリエは全く偽りをしているようには見えないのです。彼らは現在、全く長い間お互い嫌っていて、しかし、嫌悪が実際に憎しみへと変わったように見えます。実際、私はメリエの立場に立てませんが、私はメリエが何故フィッツを憎むのかは解ります。彼女は偉大な人として育てられましたが、ファースト・レディであることにうんざりしています。

何が彼女をファースト・レディであることが似合っていると考えたのか全く確かなことは言えませんが、しかし、はっきりしているのは、彼女は想像力が全くないと言うことです。そんなこと以上にもっと酷いのは、フィッツがオリビアを愛していると開けっぴろげにしていることによって彼女に公衆の面前で恥を掻かせたことです。

オリビアは、メリエが夢見るフィッツよりもっと力強い種類の人です。そして、彼女はオリビアにそんな力を与える彼を憎んだのです。メリエは彼女の周りを見渡し、彼女が解ったこと全ては彼女の傍を通り過ぎたチャンスの後に訪れたチャンスなのです、そして彼女は全ての点でフィッツを非難したのです。

私は彼女が正しいかどうかは明言できませんが、彼女の総体的な見方は解ります。フィッツは、一方、彼らが会ったその日から彼に力を揮ったのでメリエがすること全てにおいてメリエを憎んでいます。彼らの初対面の時でさえもそのような状態にありました。

メリエはフィッツにウソをつき、彼を非難し、彼を軽視し、そして本質的に彼の日常を生き地獄へと変えました。フィッツは彼とオリビアを後押ししたこととそれから彼に対してオリビアへの愛を利用していることでメリエを憎んでいます。

しかし、多くの場合、フィッツはメリエがオリビアでないので憎んでいるのです。私は彼が正しいかどうかは明言できませんが、彼の思うところは理解できます。それらの二人の人間は結婚するに違いありませんが、しかし、彼らはお互いに確信が得られないのです。

彼らはお互いに永遠の悲惨の堂々巡りにあります、そしてその終わりが彼らの視界にあるとは見えないのです。もしもフィットが別の時間を欲し、メリエがフィッツを離れられず、またはメリエが離れられず彼女の日常において問い糾すことのみするならば、フィッツはメリエから離れられません。彼らがお互いに宣言していたこの戦争は彼らの一人が叔父に泣き付く前に更に全体として悪い運を招いているように見えます。

イーライ・ポープにおいて何かが壊れています。彼が行き、意識を持ち、彼の心臓は外科的に切り離され、コンピュータ・チップが埋め込まれていたように見えます。

彼があまりに冷酷で人間性から乖離しているので、彼が実際に人間なのかどうか不思議に思い始めるのです。彼は彼の周りをそのような状況にしてしまうので、彼が関わる時はいつも彼ら自身のために彼が考えているようには見えないのです。

ハックは彼を殺したかった、しかし、そうはしませんでした。オリビアは彼女の人生の休息のために彼を無視したがったのです。しかし、できませんでした。ジェイクは、未だに確かなことは言えませんが、イーライはジェィクにもダメージを与えています。

オリビアが小さな少女のように彼が彼女を制御下にあると彼女に言わせるとき、イーライはオリビアへどんなに酷く感情的で心理学的な状況(別名は罵倒)をしたか不思議に私は思わなければなりません。私はハックに対して悪感情を持ちました。命令がハックから人生を奪いました。

命令が今日ハックを辛うじて機能する人間に変えてしまいました。ハックは命令が誰のものかを解明するのにそれらの全ての歳月を費やしたのです。今、彼は解ったのです、ハックができることは命令に対して何にもできなかったことが解ったのです。

それは悲痛な場面なのです。オリビアはイーライを憎んでいるように見えます、しかし、彼女はハックがイーライを殺すと考えたときに尚も恐ろしかったのです。それはオリビアが深く深く親愛なる年老いた(不気味な)父親を愛していたからでしたか。

それはオリビアがハックが再び心底深い終わりを残すのを恐れたからでしたか。またはハックがオリビアに対して何をするのか怖いからでしたか。私は解りません。私が知っていることは、私がイーライ・ポープについて更に学ぶと言うことであり、更に私はこの日のテレビ番組で見た最悪の怪物が彼であったということを確信したということです。

これはアクションで、ドラマで、そして”スキャンダル”に満ちた不安な時間でした。それを愛していました。私はジェイクの復帰と彼が大丈夫なようにも見えることが本当に嬉しいです。

少なくとも今は。イーライがどのようにまたは何故、ジェイクを箱から出したのか解らないと、そして、オリビアが彼をそこで助けたことが解らないとジェイクは言います。彼が彼と同じように見えるコピーではないかと疑います。吾々はそれがどのような結末を迎えるのか待って見なければならないと思います。イーライが過度にジェイクの脳を奪い取らないことを望みます。

さて、U-NEXTは、海外ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。



アメリカビジネスニュースななめ読み

作者:新越泰馬

アメリカのビジネスニュースについていろいろと書いていきます

7日 22 総合 230 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



新越泰馬さん新着記事



過去記事

新越泰馬さんへの新着コメント




ホノルルブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 milimiliライフ/ハワイ写真ブログ(milimili Rainbow)
2位 Aloha from Hawaii 「ハワイ日記」
3位 ハワイ不動産ブログ by Megumi Fujioka
4位 ハワイ マッサージブログ by Keola
5位 SHIHO'S BLOG
6位 【ワイキキの隠れ家】ホワイトサンズホテル東京予約事務所
7位 ALOHA☆LOHAS
8位 mahimahiのハワイな一日


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ホノルルでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録